オススメキャッシング

▼借入件数4件以内の方
消費者金融 比較
>>モバイルサイトはコチラ

▼借入件数4件以上の方
消費者金融 比較
>>モバイルサイトはコチラ

消費者金融|キャッシング|銀行|融資|借入|金融|お金|現金|資金|返済|借金|支払い|入り用|キャッシュカード|クレジットカード|審査|保証品|無審査|ブラック|信用情報|個人情報|インターネット|ATM|金利|年利|利息|無利息|年率|実質年利|実質年率|低金利|高金利|給料日|引き落とし|遅延損害金|催促|取り立て|悪徳|詐欺|ヤミ金|闇金|電話|在籍確認|申し込み|甘い|過払い|債務整理|借り換え|貸付|残高|総量規制|貸金業法|出資法|利息上限法|口コミ|評判|無職|フリーター|アルバイト|専業主婦|サラリーマン|学生|年収|住宅|不動産|担保|自動車|ローン|

リンク

ブックマーク

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2013.08.02 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    総量規制対象外 おすすめ2社

    0
      銀行系のカードローンは総量規制の対象外です。

      総量規制が実施されてからというもの、大手の銀行による消費者金融業界への参入が目立ちます。私達消費者にとっては大変ありがたいことですけどね。
      大手の銀行がバックにつくことによって昔では考えられないような低金利サービスが増え、大手なので安心も出来る。銀行系のカードローンはメリットの多いキャッシングです。
      下記は総量規制対象外のお勧め2社です。



      消費者金融 比較
      プロミス
      大手のキャッシングです。
      6.3%〜17.8%
      初回で申し込まれた新規の方はキャンペーンにつき、なんと30日間無利息!※1
      まだプロミスから借りてない方はチャンスです。30日間という長い期間無利息なのは魅力。もともと金利も低いので、通常金利に戻っても低金利!

      やじるし 30日という無利息期間は大きい
      初回の30日間が無利息というのは今までのキャッシングでは無い斬新な商品です。利息も、利用日数分だけかかる日数計算式です。この商品を知らないで別のキャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
      キャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
      無利息期間が終わっても、通常金利が十分に低金利なので利用者の満足度は高いでしょう。
      ※1プロミスポイントサービスへお申込みされた方が対象。

      →プロミスへの申し込みはコチラから



      消費者金融 比較
      モビット
      大手、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
      4.8%〜18.0%
      UFJカードローンと同様、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
      コチラもやはり金利が低いです。利用金額も1万円から、限度額は500万円までと、かなり広範囲にカバー。少額でも高額でも金利が低いのでオススメです。

      やじるし 「流石」です。
      私自身、昔から色々なキャッシングを見てきましたが、無担保で下限金利を5%下回る金利は中々ありません。昔では考えられないくらい低い金利ですね。かなりオススメです。
      実際にキャッシングをしているところの一つです。ATMの数も相当数ありますし、返済もネット・コンビニ・銀行と、方法はいくらでもあります。借りた後の返済のしやすさというのもポイントです。

      →モビットへの申し込みはコチラから



      やじるし 一応大手の銀行系キャッシング2社をご紹介させて頂きました。利用者数も、この3社はかなりいるのではないでしょうか。借入件数がまだ4件以内くらい(もしくは初めてのキャッシング)の方は、オススメのキャッシングです。参考になれば幸いです。

      総量規制 除外と例外

      0

        総量規制 対象外


        また、総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります(下表参照)。
        除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。
        例外の貸付けは、除外とは違います。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。
        例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、これですでに3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。

        【除外】
        不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
        自動車購入時の自動車担保貸付け
        高額療養費の貸付け
        有価証券担保貸付け
        不動産担保貸付け
        売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
        手形(融通手形を除く)の割引
        金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
        貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
        (施行規則第10条の21第1項各号)

        【例外】
        顧客に一方的有利となる借換え
        緊急の医療費の貸付け
        社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
        配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
        個人事業者に対する貸付け
        預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
        (施行規則第10条の23第1項各号)


        銀行系カードローン 低金利

        0
          金利を重視したカードローンのご紹介です。

          消費者金融 比較
          アコム
          キャッシングの王道とも言える業者ですね。
          4.7%〜18.0%(実質年率)
          2012年2月に新金利になって更に低金利になりました!ATM設置台数・利用者数ともにトップクラスの業者です。

          やじるし とにかく「便利」
          新金利になってから、一気に低金利ランキング上位に上がって来ました。ATMが街中にあるので、借りやすさ&返済のしやすさはダントツでしょう。逆に借り過ぎに注意しないといけませんね!
          とにかく便利なのでお勧めです!

          →アコムへの申し込みはコチラから



          消費者金融 比較
          モビット
          大手、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
          4.8%〜18.0%
          UFJカードローンと同様、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
          コチラもやはり金利が低いです。利用金額も1万円から、限度額は500万円までと、かなり広範囲にカバー。少額でも高額でも金利が低いのでオススメです。

          やじるし 「流石」です。
          私自身、昔から色々なキャッシングを見てきましたが、無担保で下限金利を5%下回る金利は中々ありません。昔では考えられないくらい低い金利ですね。かなりオススメです。
          実際にキャッシングをしているところの一つです。ATMの数も相当数ありますし、返済もネット・コンビニ・銀行と、方法はいくらでもあります。借りた後の返済のしやすさというのもポイントです。

          →モビットへの申し込みはコチラから



          消費者金融 比較
          プロミス
          大手のキャッシングです。
          6.3%〜17.8%
          初回で申し込まれた新規の方はキャンペーンにつき、なんと30日間無利息!※1
          まだプロミスから借りてない方はチャンスです。30日間という長い期間無利息なのは魅力。もともと金利も低いので、通常金利に戻っても低金利!

          やじるし 30日という無利息期間は大きい
          初回の30日間が無利息というのは今までのキャッシングでは無い斬新な商品です。利息も、利用日数分だけかかる日数計算式です。この商品を知らないで別のキャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
          キャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
          無利息期間が終わっても、通常金利が十分に低金利なので利用者の満足度は高いでしょう。
          ※1プロミスポイントサービスへお申込みされた方が対象。

          →プロミスへの申し込みはコチラから



          やじるし 一応大手の銀行系キャッシング3社をご紹介させて頂きました。利用者数も、この3社はかなりいるのではないでしょうか。借入件数がまだ4件以内くらい(もしくは初めてのキャッシング)の方は、オススメのキャッシングです。参考になれば幸いです。

          総量規制 対象外のキャッシング

          0

            総量規制 対象外のキャッシング

            2010年6月に貸金業法改正によって総量規制が実施されました。以降、消費者金融からの借り入れは年収の1/3までに制限されたのです。
            (総量規制について詳しくは、総量規制を参照。)

            そこで登場したのが

            銀行系キャッシングのカードローンです。

            銀行系のキャッシングは、総量規制の対象外なのです。消費者金融業者も銀行と提携したり、銀行の傘下に入ったり、更には銀行がキャッシング業者を作ったりしてこのような、今の銀行系のキャッシングが広まったのです。

            銀行系キャッシングは、大口から小口の融資まで対応していて、なおかつ低金利。中には30日間無利息、一週間無利息などの無利息期間を設けているキャッシングもあります。

            CMやその他広告などでもたくさんの広告が見られると思います。今銀行や消費者金融が力を入れていることがわかります。

            矢印銀行系キャッシング一覧

            今の時代ネットからも簡単に申し込みができます。
            キャッシングの利用者は若い学生からご年配の方までたくさんいらっしゃいます。どんな人が見ても利用しやすいようなサイトの作りになっているので見てみましょう。

            総量規制 対象外

            0
              銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっております。
              銀行カードローンは、大手の銀行がほとんどですのでまず安心であるということが一つ。
              さらには金利がどれも低金利であること。

              この二つをとっても申し込む価値が十分にあるキャッシングです。
              おすすめの銀行カードローン3社をご紹介します。


              消費者金融 比較
              プロミス
              大手のキャッシングです。
              6.3%〜17.8%
              初回で申し込まれた新規の方はキャンペーンにつき、なんと30日間無利息!※1
              まだプロミスから借りてない方はチャンスです。期間中は何回追加キャッシングしても無利息なのがすごいところ。もともと金利も低いので、通常金利に戻っても低金利。

              やじるし 30日という無利息期間を有効に使おう!
              初回の30日間が無利息というのは今までのキャッシングでは無い斬新な商品です。利息も、利用日数分だけかかる日数計算式です。この商品を知らないで別のキャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
              無利息期間が終わっても、通常金利が十分に低金利なので利用者の満足度は高いでしょう。
              ※1プロミスポイントサービスへお申込みされた方が対象。

              →プロミスへの申し込みはコチラから



              消費者金融 比較
              アコム
              キャッシングの王道とも言えます。
              4.7%〜18.0%
              2012年2月に新金利になって登場!
              金利が更に下がって人気も急増中です。ATM設置台数・利用者数ともにトップクラスの業者です。

              やじるし とにかく「便利」
              昔からの利用者も相当数いますが、2012年2月に新金利になってからも新規利用者は増え続けています。街中にATMがあるので、借りやすい&返済がしやすいので大変便利です。
              逆に借り過ぎに注意しないといけませんね。とにかく便利でお勧めです!

              →アコムへの申し込みはコチラから



              消費者金融 比較
              モビット
              大手、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
              4.8%〜18.0%
              UFJカードローンと同様、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
              コチラもやはり金利が低いです。利用金額も1万円から、限度額は500万円までと、かなり広範囲にカバー。少額でも高額でも金利が低いのでオススメです。

              やじるし 「流石」です。
              私自身、昔から色々なキャッシングを見てきましたが、無担保で下限金利を5%下回る金利は中々なかったですね。昔では考えられないくらい低い金利ですね。かなりオススメです。
              ネットからの申し込みから融資までのスピードも早いです。

              →モビットへの申し込みはコチラから



              やじるし 一応大手の銀行系キャッシング3社をご紹介させて頂きました。利用者数も、この3社はかなりいるのではないでしょうか。借入件数がまだ4件以内くらい(もしくは初めてのキャッシング)の方は、オススメのキャッシングです。参考になれば幸いです。

              総量規制 対象外

              0

                総量規制とは


                総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
                貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
                総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
                ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。
                個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査(※)します。
                なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。
                また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

                総量規制 対象外

                0

                  総量規制 対象外


                  また、総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります(下表参照)。
                  除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。
                  例外の貸付けは、除外とは違います。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。
                  例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、これですでに3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。

                  【除外】
                  不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
                  自動車購入時の自動車担保貸付け
                  高額療養費の貸付け
                  有価証券担保貸付け
                  不動産担保貸付け
                  売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
                  手形(融通手形を除く)の割引
                  金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
                  貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
                  (施行規則第10条の21第1項各号)

                  【例外】
                  顧客に一方的有利となる借換え
                  緊急の医療費の貸付け
                  社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
                  配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
                  個人事業者に対する貸付け
                  預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け
                  (施行規則第10条の23第1項各号)

                  総量規制対象外

                  0

                    総量規制 対象外

                    また、総量規制には、「除外」または「例外」となる貸付けがあります(下表参照)。 除外の貸付けとは、総量規制の対象とならない貸付けです。不動産購入のための貸付け、自動車購入時の自動車担保貸付けなどは、同じ貸付けの残高としてあっても総量規制の貸付残高には含まれません。 例外の貸付けは、除外とは違います。貸付けの残高としては算入するものの、例外的に年収の3分の1を超えている場合でも、その部分について返済の能力があるかを判断したうえで、貸付けができるものです。 例えば年収が300万円ある人が、100万円を借入れている場合、これですでに3分の1となりますが、緊急に医療費としてあと30万円借りたいというような申し出があったときに、これについては例外規定という形で貸付けができる場合があります。これが例外の貸付けにあたります。 【除外】 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む) 自動車購入時の自動車担保貸付け 高額療養費の貸付け 有価証券担保貸付け 不動産担保貸付け 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け 手形(融通手形を除く)の割引 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介 (施行規則第10条の21第1項各号) 【例外】 顧客に一方的有利となる借換え 緊急の医療費の貸付け 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け 個人事業者に対する貸付け 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け (施行規則第10条の23第1項各号)

                    銀行カードローン 無利息

                    0
                      無利息期間を重視したカードローンのご紹介です。

                      消費者金融 比較
                      プロミス
                      大手のキャッシングです。
                      6.3%〜17.8%(実質年率)
                      初回で申し込まれた新規の方はキャンペーンにつき、なんと30日間無利息!※1
                      まだプロミスから借りてない方はチャンスです。期間中は何回追加キャッシングしても無利息なのがすごいところ。もともと金利も低いので、通常金利に戻っても低金利。

                      やじるし 30日という無利息期間を有効に使おう!
                      初回の30日間が無利息というのは今までのキャッシングでは無い斬新な商品です。利息も、利用日数分だけかかる日数計算式です。この商品を知らないで別のキャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。
                      無利息期間が終わっても、通常金利が十分に低金利なので利用者の満足度は高いでしょう。
                      ※1プロミスポイントサービスへお申込みされた方が対象。

                      →プロミスへの申し込みはコチラから



                      消費者金融 比較
                      AGファイナンス
                      消費者金融系キャッシングです。
                      7.9%〜18.0%(実質年率)
                      大手以外で30日間無利息を実施しているのはAGファイナンスだけ。
                      金利は大手には及ばないが、何度でも無利息期間を利用できるというのが最大の魅力です。

                      やじるし 「何度でも」無利息
                      申し込むと、利用日の翌日から30日間無利息で利用できます。そしてこの無利息期間は完済したあと、再契約で何度でも利用できるというのがAGファイナンスの最大の魅力です!
                      大手に負けないお得なサービスを持っている業者です。お勧めです。

                      →AGファイナンスへの申し込みはコチラから


                      無利息期間を設けているキャッシングの業者というのは、無利息期間があるというだけで魅力的です。プロミスは通常金利も低いし無利息期間も長いのでお勧め。ただ、キャンペーン中での申し込みが条件なので検討されている方はお早めに!!
                      AGファイナンスは通常金利は大手に負けますが、何度でも無利息期間を利用できるという部分で負けてません。こちらもお勧め!

                      銀行系カードローン 低金利

                      0
                        金利を重視したカードローンのご紹介です。

                        消費者金融 比較
                        三菱東京UFJ銀行カードローン
                        キャッシングの王道とも言えます。
                        4.6%〜14.6%
                        同系列のモビットに並ぶ低金利です。なんと言っても下限金利4.6%と上限金利14.6%という低金利の数字がモノを言います。モビットでもすでに借りれている人なんかはオススメです。

                        やじるし とにかく「低金利」
                        私自身、昔から色々なキャッシングを見てきましたが、無担保で下限金利を5%下回る金利はモビットとUFJカードローンの2社だけです。UFJカードローンの場合は上限金利も14.6%と、他社が17,8%のところを大きく差をつけてます。昔では考えられないくらい低い金利ですね。かなりオススメです。
                        モビットですでに借りていたりする場合に申し込んでもよいでしょう。すでに借りていなくても初めてのキャッシングでもなんでもとにかくオススメです。金利だけ見ても細かい説明はいらないでしょう。
                        審査に関しても4件以上と借入れ件数が多くなければそこまで厳しくはないかと。

                        →UFJカードローンへの申し込みはコチラから



                        消費者金融 比較
                        モビット
                        大手、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
                        4.8%〜18.0%
                        UFJカードローンと同様、三菱東京UFJ銀行系のキャッシングです。
                        コチラもやはり金利が低いです。利用金額も1万円から、限度額は500万円までと、かなり広範囲にカバー。少額でも高額でも金利が低いのでオススメです。

                        やじるし 「流石」です。
                        私自身、昔から色々なキャッシングを見てきましたが、無担保で下限金利を5%下回る金利はUFJカードローンとモビットの2社だけ。昔では考えられないくらい低い金利ですね。かなりオススメです。
                        実際にキャッシングをしているところの一つです。ATMの数も相当数ありますし、返済もネット・コンビニ・銀行と、方法はいくらでもあります。借りた後の返済のしやすさというのもポイントです。
                        私は現在モビットからは10万円の借り入れがあります。
                        返済に力入れて入ってたんで、かなり減りました。今んところ滞りは無いです。
                        限度額あげれればいいなぁってちょっと思ってますが、今はあくまで返済に力を入れるつもり。
                        多分限度額あがったら使いまくってしまいます。自分。

                        →モビットへの申し込みはコチラから



                        消費者金融 比較
                        プロミス
                        大手のキャッシングです。
                        6.3%〜17.8%
                        初回で申し込まれた新規の方はキャンペーンにつき、なんと30日間無利息!※1
                        まだプロミスから借りてない方はチャンスです。期間中は何回追加キャッシングしても無利息なのがすごいところ。もともと金利も低いので、通常金利に戻っても低金利。

                        やじるし 無利息期間は大きい
                        初回の30日間が無利息というのは今までのキャッシングでは無い斬新な商品です。利息も、利用日数分だけかかる日数計算式です。この商品を知らないで別のキャッシングを通常通りで申し込んでしまってはもったいない。あとから「こんなのがあったのか〜」ってならないようにしましょう。
                        ここは、今ちょうどキャンペーン中なんで、とても魅力的です。
                        私自身が今「こんなのがあったのか〜」ってくらっちゃってます。勉強不足すぎました。
                        無利息期間があるキャッシングというのはすごい魅力的ですね。
                        私は今、プロミスさんの30日間無利息か、ノーローンの一週間無利息で悩んでます。
                        ※1プロミスポイントサービスへお申込みされた方が対象。

                        →ノーローンへの申し込みはコチラから



                        やじるし 一応大手の銀行系キャッシング3社をご紹介させて頂きました。利用者数も、この3社はかなりいるのではないでしょうか。借入件数がまだ4件以内くらい(もしくは初めてのキャッシング)の方は、オススメのキャッシングです。参考になれば幸いです。

                        | 1/2PAGES | >>